代表的な青果物のご紹介

メロン Melon ー果実的野菜ー

主な種類と特徴メロンは、日本で古くから栽培されてきたマクワウリに代表される東洋系と、西洋系のメロンに大きく区分できます。現在出回っているメロンは西洋系メロンで、温室メロン(...

詳しくはこちら

いちご Strawberry ー果実的野菜ー

主な種類と特徴日本でいちごが本格的に栽培されたのは、明治32年(1899年)に‘福羽’の栽培に成功してからです。‘福羽’は大正時代には東京周辺に広まり、昭和初期に静岡県久能...

詳しくはこちら

すいか Watemelon ー果実的野菜ー

主な種類と特徴すいかは、形や大きさで、大玉、小玉、正円形、楕円形に分けられ、また、果皮の色は、緑に黒縞、縞が無く全面黒、全面黄色の品種があります。果肉の色も、赤、黄、オレン...

詳しくはこちら

レタス Lettuce -葉茎菜類ー

主な種類と特徴日本名では「ちしゃ」ともいいますが、主な種類としては結球レタス、結球しない葉レタス、半結球の立ちレタス、茎が伸び葉を順次掻きとって食べる茎レタスの4種類をあげ...

詳しくはこちら

ブロッコリー Broccoli -葉茎菜類ー

主な種類と特徴ブロッコリーが一般的に食べられるようになったのは1970年代からです。品種の分化は多くなく、茎の頭にできた花蕾だけを利用する頂花蕾型、枝分かれした先からできた...

詳しくはこちら

たまねぎ Onion -葉茎菜類ー

主な種類と特徴日本で栽培されているたまねぎの大部分は黄たまねぎと呼ばれるもので、辛味があり貯蔵性があります。生育に必要な温度と日照時間の関係で、北海道では春に種をまき秋に収...

詳しくはこちら

ねぎ Welsh onion -葉茎菜類ー

主な種類と特徴ねぎは、土を寄せて日光をさえぎり白くした葉鞘部を食べる”白ねぎ(根深ねぎ)”の千住群と加賀群、 緑の葉を利用する”青ねぎ(葉ねぎ)”の九条群に大きく分けること...

詳しくはこちら

アスパラガス Asparagus ー葉茎菜類ー

主な種類と特徴アスパラガスといえば、第二次世界大戦以前は缶詰加工用に盛り土をして軟白栽培するホワイトアスパラガスでしたが、食生活の洋風化や健康志向の高まりとともに現在は、太...

詳しくはこちら

はくさい Chinese cabbage -葉茎菜類ー

主な種類と特徴日本で栽培されているはくさいは、明治時代に中国から導入されたもので、”山東型”と呼ばれる系統が広がりました。はくさいには大きく分けて”結球タイプ”、”半結球タ...

詳しくはこちら

かぼちゃ Pumpkin -果菜類ー

主な種類と特徴かぼちゃは、大きく”日本かぼちゃ(東洋種)”、”西洋かぼちゃ(西洋種)”、”ペポかぼちゃ”の3種類に分けられます。日本かぼちゃは、ねっとりとして水分が多く甘み...

詳しくはこちら

トマト Tomato -果菜類ー

主な種類と特徴トマトは果皮の色によって、甘みに富み酸味やトマト臭が少なく生食用に利用される桃色系トマト、酸味と甘みが強くジュースや加熱調理用に使われる赤色系トマトおよび黄色...

詳しくはこちら

ピーマン Piment -果菜類ー

主な種類と特徴ピーマンは、とうがらしの一種で辛みのない大型のとうがらしの仲間です。昔のピーマンは、今のものより大きめで、肉も厚く青臭い独特な香りが強く、少し食べづらいもので...

詳しくはこちら

きゅうり Concombre ー果菜類ー

主な種類と特徴きゅうりは、大別すると”白いぼきゅうり”と”黒いぼきゅうり”に分かれます。このうち、”白いぼきゅうり” が日本で栽培される品種の大半を占めています。また、”白...

詳しくはこちら

なす Eggplant -果菜類ー

主な種類と特徴なすは日本で古くから栽培されてきたことから、地方独特の品種も多く見られ、どんな料理とも相性がよいことから日本人にとってはなじみ深い野菜の一つとなっています。国...

詳しくはこちら

スイートコーン Sweet corn -果菜類ー

主な種類と特徴スイートコーンは、糖度によってスイート種とスーパースイート種に、また、粒の色によってすべて黄色いイエロー系、すべて白いシルバー系、黄色と白が混ざったバイカラー...

詳しくはこちら

にんじん Carrot ー根菜類ー

主な種類と特徴にんじんは、江戸時代に中国から入ってきた東洋種と、明治時代に導入された西洋種の大きく2つに分けられます。栽培期間が短く、収穫作業のしやすい短根であることから、...

詳しくはこちら

だいこん Japanese radish ー根菜類ー

主な種類と特徴アブラナ科の1年草で、日本では古くから各地でいろいろな品種が作られていましたが、現在では”青首だいこん”と”白首だいこん”の2つの品種群が中心となっています。...

詳しくはこちら

ごぼう Edible burdock -根菜類ー

主な種類と特徴ごぼうは、根が細くて長い種類と根が太くて短い種類に分けられますが、一般の家庭で利用されるのは、根が細くて長い”滝野川ごぼう”です。このほか専ら葉を食べるための...

詳しくはこちら

ばれいしょ Potato ーいも類ー

主な種類と特徴ばれいしょは用途によって、家庭やレストラン等で消費される生食用、ポテトチップス等に利用される加工用、かたくり粉や麺類の原料に利用されるでん粉原料用の3つに大別...

詳しくはこちら

さといも Taro -いも類ー

主な種類と特徴アジアの熱帯に分布する多年草で、種子ではなくいもで増えます。いもは茎が肥大したもので、株の中心に大きな親いもがあり、そこから子いもが分球して増えていきます。孫...

詳しくはこちら

かんしょ Sweet potato -いも類ー

主な種類と特徴かんしょは、形、皮の色、肉の色等が品種によって様々です。品種は、世界に4000種類あるといわれていますが、日本での栽培は40品種程度。日本の育種はたいへん進ん...

詳しくはこちら

えだまめ Soybean -豆類ー

主な種類と特徴えだまめは、大豆の未成熟な豆を食用とする野菜です。もともとは子実用の品種の若さやを食していましたが、現在はえだまめ専用の品種が 400品種以上あるといわれてい...

詳しくはこちら

えんどう Pea, garden ped -豆類ー

主な種類と特徴えんどうのうち若いさやごと食ベるものを実えんどう(又はグリーンピース) といいます。 また、完熟の実を⾖⼤福等に⽤いるえんどう⾖があり、 えんどうは成熟するま...

詳しくはこちら

れんこん Lotus root -根菜類ー

主な種類と特徴れんこんは、ハスの地下茎が肥大した部分を指し、明治以降に中国から導入された中国種と、それ以前に渡来したもの、および日本在来のものである在来種に大別されます。シ...

詳しくはこちら

しいたけ Shiitake mushroom -その他ー

主な種類と特徴生しいたけは、西洋のマッシュルーム東南アジア・中国のフクロタケとともに、世界三大栽培きのこの一つとされています。温暖湿潤な日本は、まさにきのこの宝庫で種類は6...

詳しくはこちら

しょうが Ginger ーその他ー

主な種類と特徴しょうがを大きさにより分類すると、”大しょうが”、”中しょうが”、”小しょうが”に大別され、栽培・収穫方法により分類すると、”根しょうが”、”葉しょうが”、”...

詳しくはこちら