主な種類と特徴

メロンは、日本で古くから栽培されてきたマクワウリに代表される東洋系と、西洋系のメロンに大きく区分できます。現在出回っているメロンは西洋系メロンで、温室メロン(マスクメロン)と露地メロン(ネット型、ノーネット型)に分けられます。露地メロンの中でもハウスで栽培されるものは、ハウスメロンともいわれます。

*メロンは果実的野菜です。

*温室メロン  温室メロンというと、日本では‘アールスメロン’です。イギリス王室で品種改良されたネット型メロンで、主としてガラス温室で栽培されます。徹底した温度・水管理を行い、一つの株から一つの果実のみを収穫します。また、‘マスクメロン’とも呼ばれ、その理由はじゃ香(ムスク)の香りがするからとのことです。特徴としては、果実の形が球形、果皮は灰緑、表面にネットがむらなく盛り上がっていて、緑肉で甘味に富み、果肉が溶けるような食感(メルティング質)を持つ高級品種です。
*露地メロン 露地メロンのうち、ビニールハウスで栽培しているものは、ネット型メロンである緑肉の‘アムスメロン’、‘アンデスメロン’、‘赤肉のクインシーメロン’や‘夕張メロン’等です。外観と肉質が‘アールスメロン’に近い特性を持っています。また、‘アンデスメロン’は、アンデス山脈が原産と思われがちですが、栽培する側には虫害が少ない、消費者には味に‘はずれ’がない、「安心ですメロン」から‘アンデスメロン’と名付けられたそうです。また、同じ露地メロンでも‘プリンスメロン’、‘ホームランメロン’、‘キンショウメロン’等は、ハウスではなく、トンネル栽培されているノーネット型メロンです。‘プリンスメロン’は昭和30年代後半に人気が出た品種で、試食会を行った果実商の集まり「プリンス会」にちなんで付けられた名称です。‘プリンスメロン’の登場で、高級品であったメロンが、一般家庭へ身近なものになりました。

栄養素・機能性成分

 メロンの栄養成分で比較的多く含まれているものは、体内の塩分(ナトリウム)を排出する働きのあるカリウムやコレステロール値を抑える食物繊維であるペクチンです。さらに、赤肉系のメロンには、カロテンの一種であるβ-カロテンが100g中に3600μgも含まれています。また、メロンには、γ-アミノ酪酸(ギャバ)が含まれており、この成分には、血圧降下作用があることが知られています。メロンは血小板の凝縮を抑制する作用が強いことも報告されており、血栓予防効果も期待できます。ただし、糖分も多いので適量を食べるようにしましょう。

選び方

 5~7月が出荷のピークです。ネット型メロンは、果実が肥大する過程で皮にひび割れが生じます。これを塞いでいるのがネットです。網目が細かく全体にまんべんなくあり、形が整っていて、ずっしりと重いものを選びましょう。食べ頃の目安として、音が鈍くなる、つるがしなびる、お尻の部分が柔らかくなる、香りが強くなる等諸説ありますが、最近では熟してもお尻が柔らかくならない品種もあります。外見から判断できないものもあるのでお店の人に聞いてみましょう。

保存方法

 メロンは、追熟することにより香りと甘味が増すので、購入後は冷蔵庫ではなく常温で保存しましょう 冷やしすぎは味が落ちる原因です。食べる1~2時間前に冷蔵庫に入れると良いでしょう。

*このコーナーの文章は、独立行政法人/農畜産業振興機構 「野菜ブック 食育のために」. から引用させていただいています。