主な種類と特徴

アブラナ科の1年草で、日本では古くから各地でいろいろな品種が作られていましたが、現在では”青首だいこん”と”白首だいこん”の2つの品種群が中心となっています。流通の主流は、根の上部が緑色の”青首だいこん”で、辛みが弱く甘みが強いことが好まれています。根の全面が白い”白首だいこん”は、漬物や刺身のツマ等で多く利用されています。
*青首だいこん 青首だいこんは、1970年代から流通の中心となり、地上に出ていた根の上部が緑色(淡緑)になるのが特徴です。耐病性があるうえ、みずみずしくて甘みが強いので好まれ、収穫時に抜きやすい点もあって全国各地で栽培されています。
*白首だいこん 白首だいこんは、古くから栽培されてきたもので、根が全て白色なのが特徴です。練馬だいこん、三浦だいこん、みの早生だいこんで知られ、たくあん漬け用にも多く利用されています。
*かいわれだいこん 耕栽培され、種をまいて発芽したものを数日で収穫します。双葉が二枚貝を割ったような形であることから”かいわれ”という名前がついたようです。かいわれだいこんの代表的な品種を栽培すると直径4~5㎝、長さ20㎝程度のだいこんになります。
*ラディッシュ ヨーロッパ系の小型だいこんのラディッシュは、根の皮が赤色のも のが主流です。収穫までの期間が短いことから、二十日だいこんともいわれ、主にサラダに利用されます。重さは10~15g程です。
*聖護院だいこん 聖護院だいこんは、古くから京都市の聖護院地域で栽培されていた丸だいこんです。重さは1~2.5㎏で、煮崩れしにくく、甘くて苦みが少ないので主に煮物用に利用されます。
*辛味だいこん 形がかぶに似ている辛味だいこんは、京都府、長野県、群馬県等、各地で栽培されています。持ち味である強い辛みから、焼き魚やそばの薬味として、だいこん下ろしで利用されています。
*青皮紅芯 中国系だいこんの青皮紅芯は、根の皮は青首で中が紅色なのが特徴です。水分が多く甘みが強いだいこんで、中国では食べるだけでなく、料理の飾りにも利用されています。人目を引くだいこんのひとつです。
*桜島だいこん 桜島だいこんは、鹿児島県で栽培されている世界最大のだいこんで、重さは15~30㎏にもなり、煮崩れしにくいことから、煮物料理等に利用されています。
*守口だいこん だいこんの品種の中で最も長根となっており、根の直径は2~3㎝、根の長さは1m前後と細長いというのが特徴です。生食用には適さずほとんどが漬物(守口漬)として利用されています。

栄養素・機能性成分

 だいこんは大部分が水分ですが、栄養のバランスに優れた野菜です。特に抗酸化作用を持つビタミンCは、加熱すると失われてしまいますが、だいこんには多く含まれているので、正常な細胞を保護する効果があります。ビタミンCを多くとりたいときは、サラダ等生食の食材として利用しましょう。そのほか、カルシウムや食物繊維もバランスよく含まれています。秋から冬にかけて、煮物、おでん等、汁ごと食べる機会が多いので、食物繊維を多くとるための野菜として最適です。食物繊維は便秘の解消に効果があり、生活習慣病の予防にもなります。また、だいこんの葉は、栄養豊富なので食生活のため、積極的に利用すると良いでしょう。

選び方

 葉つきの場合、葉が鮮度の目安になるので、葉先がみずみずしいものを 選びましょう。根は太くて重く、かつ、表面が白くてツヤとハリがあるものが良品です。根の先に毛穴が少ないものは、順調に生育した証ですので、その肉質も緻密です。葉つきのものは日持ちも風味も良いですが、養分を葉にとられてしまうので、早めに葉を切り落としましょう。もちろん葉も食べられます。使いやすように、根を2分の1や4分の1の大きさにカットしたものは、断面がみずみずしいものが新鮮です。

保存方法

 だいこんは、大部分が水分ですので乾燥を防ぐようにして保存しましょ う。寒い季節には、新聞紙に包んで風が直接当たらないところに置けば、1週間は保存できます。冷蔵庫に保存する場合は、ラップに包み野菜室で切り口を上にして保存しましょう。葉つきの場合は、保存の前に葉を切り落としましょう。葉は固ゆですれば冷凍保存も可能です。

*このコーナーの文章は、独立行政法人/農畜産業振興機構 「野菜ブック 食育のために」. から引用させていただいています。