主な種類と特徴

すいかは、形や大きさで、大玉、小玉、正円形、楕円形に分けられ、また、果皮の色は、緑に黒縞、縞が無く全面黒、全面黄色の品種があります。果肉の色も、赤、黄、オレンジとバリエーションが豊富です。 すいかは夏を代表する果実的野菜ですが、果物消費の多様化により消費は減少傾向にあります。また、長雨や冷夏が続くと消費が伸び悩む傾向にあります。近年、1玉単位での販売以外に、カットされた状態で販売されることが多く、消費者も求めやすくなっています。また、夏の限定商品として、すいか飲料やすいかのゼリー等の商品も提案されており、すいかの新しい楽しみ方が増えています。

*すいかは果実的野菜です。

*小玉すいか  形状や表皮の色、縞模様は大玉すいかと変わりませんが、果実の重さが大玉すいかは5~7㎏ですが、小玉すいかは1.5~3㎏と小型の品種です。冷蔵庫に丸ごと入るため、核家族が増えた昨今人気の品種です。皮が薄いために割れやすく、遠隔地への輸送が難しいという難点があります。
*大玉すいか  日本で最もポピュラーなすいかです。表皮は緑色に黒色の縞模様で、果肉が赤色のものが主流です。甘くてシャリッとした食感の果肉が楽しめます。代表的な品種には、‘祭ばやし777’、‘春のだんらん’、‘紅大’、‘富士光’、‘縞王系’等があります。
*黄肉すいか  果肉の色が鮮やかな黄色であるのが特徴で、形状は、小玉の品種を中心として、大玉やラグビーボール状のものもあります。赤肉すいかに比べると甘さが控えめで、流通量もそれほど多くありません。
*黒皮すいか、黄皮すいか 黒皮すいかは、ほとんど黒に近い果皮とみずみずしい真っ赤な果肉の品種です(果肉が黄色のものもあります)。独特の食感と甘みがあり、比較的日持ちがするのが特徴です。東南アジアでよく見られ、日本では、贈答用の高級すいかとして、北海道当麻の‘でんすけすいか’等が生産されています。黄皮すいかは、果肉は赤いが、果皮が黄色の珍しい品種です。実際の栽培は少ないです。
*種なしすいか 戦後の日本で開発された画期的なすいかですが、発芽させるのが難しく、生産に手間がかかることや熟期が遅く味にむらがあるといったことから、日本では普及しませんでした。現在では、台湾で改良された品種が東南アジアで広く普及しています。
*ジャンボすいか(黒部すいか) 富山県の特産品として、贈答用としてわずかに出回っており、出荷時に両側にわらじのようなクッションをつけ、縄でくくる荷姿が特徴的です。重さが15㎏前後のものが主流ですが、大きいものは30㎏にもなります。細長い楕円形をしていることから、「まくらすいか」と呼ばれることもあります。桃色の締まった果肉は、糖度はあまり高くありませんが、日持ちが良く遠隔地への輸送にも耐えることができます。

栄養素・機能性成分

 ‘ウォーターメロン’とも呼ばれるとおり、すいかの約9割が水分であるため、体を冷やす作用があり、夏場の熱中症予防や解熱等に効果があります。すいかの果肉は、カリウムやシトルリンというアミノ酸の一種を豊富に含み、むくみの解消効果や利尿作用があります。すいかの絞り汁を煮詰めて作るすいか糖は、昔から民間療法のひとつとして利用されており、むくみ防止や風邪等による喉の痛みの緩和に、また痰がからむ時に飲むと効果的です。赤肉すいかにはリコペンが含まれており、がんや老化を予防する効果が期待できます。

選び方

 緑色が鮮やかで、へたと反対側のお尻(花落ち)の部分が小さいすいかは、太陽の光をいっぱい浴びて育った良品です。丸く形が整い、皮の縞模様が色鮮やかで、持ったときにずっしりと重量感のあるものを選びましょう。カットすいかは、切り口がなめらかで、種が真っ黒で太っているものが新鮮です。また、果肉の赤と果皮の白色がはっきりしているものがおすすめです。

保存方法

 すいかは完熟した状態で収穫されるので、冷やしてすぐ食べれば、本来の甘みやシャリ感が楽しめます。すぐに食べない場合は、丸のまま冷暗所で保存しましょう。カットしたものは、すぐにおいしさが失われてしまうので、ラップで包んで冷蔵庫の野菜室で保存し、なるべく早く食べ切りましょう。また、すいかの保存に適した温度は8~10℃で、これ以上の低温で保存したり冷凍すると味が落ちるので注意しましょう。

*このコーナーの文章は、独立行政法人/農畜産業振興機構 「野菜ブック 食育のために」. から引用させていただいています。